【無料】おすすめ会計ソフト

【無料】おすすめ会計ソフト

フリーランスにおすすめの無料会計ソフトは?

無料の会計ソフトにおける注意点

無料の会計ソフトでは、機能制限があることが多いようです。また、サポート対象外ということがほとんどです。最初の数週間から数ヶ月だけ無料といったトライアル的なものも多くあります。期限なく無料で使えるものもありますが、機能制限されていることが多いと思います。いわゆるフリーミアムといわれる形態です。取引データの閲覧数やデータの出力数に制限が設けられていることもあります。
会計作業を効率的に行うために導入するのが会計ソフトです。機能が制限されて逆に作業が増えるようなことがあっては本末転倒です。サポートに関しては、どのソフトも期待できないでしょう。有料のソフトであれば、ソフトの使い方から確定申告に関することまで様々なサポートを受けることが可能です。初めて確定申告をする人はサポートのお世話になることもあるでしょうから、そういった場合は無料ソフトを使わないほうが良さそうです。

無料の会計ソフトをおすすめする人

無料の会計ソフトには前述の注意点がありますが、次のような人にはおすすめできる会計ソフトもあります。まず、個人事業主であって規模がとても小さく有料のシステムを利用するほどではない人です。あとは、会計知識はあるのでサポートは不要な人、いずれ有料に切り替えるつもりの人にもおすすめできます。小規模な事業であれば経理専門の人材を採用するのは難しいと思います。全て自分で作業しなければならない人にとって、無料であっても会計ソフトは経理作業の効率化につながります。まずは、無料から試してみて自分に合ったソフトを見つけましょう。無料のままでも必要十分であればそのまま使い続け、事業が大きくなったり、従業員が増えたりするようなタイミングで有料プランに切り替えるのが最もおすすめできる導入方法です。

おすすめ無料会計ソフト:フリーウェイ経理Lite

ずっと無料で使えるのがフリーウェイ経理Liteという会計ソフトです。無料なのに機能制限はほとんどないのがおすすめできるポイントです。個人事業主向けのフリーウェイ経理Liteは、青色申告にも白色申告にも対応しています。なお、より機能を充実させた法人専用の有料プランもあります。

フリーウェイ経理

おすすめ無料会計ソフト:円簿会計

利用期限が無制限で、完全無料、しかもクラウドサービスという会計ソフトが円簿会計です。クラウドサービスでは金融機関と連携して自動でデータを取得できるものが多いですが、円簿会計ではまだ使えないので、その点は注意が必要です。しかし、スマホからもパソコンからも利用できるクラウドならではの使い方が実現可能です。無料の会計ソフトのなかではかなりおすすめです。

円簿会計

おすすめ記事はこちら!

  • 青色申告ができる所得・できない所得

    確定申告とは、年間の所得と控除額から課税所得額を申告して所得税を納付する一連の手続きです。一言で「所得」といっても、様々な種類に分けられます。フリーランスが働いて稼ぐ所得は「事業所得」にあたり青色申告の対象ですが、会社員が稼ぐ所得は「給与所得」となり青色申告の対象外です。他にも不動産所得、退職所得、譲渡所得、配当所得、雑所得などがありますが、青色申告の対象になる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得の3つだけです。

  • 一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    事前の届け出や帳簿記帳の手間を差し引いても、フリーランスに青色申告をおすすめする最大の理由が「青色申告特別控除」のメリットです。青色申告特別控除とは、その名の通り青色申告をすることで特別に認められる控除です。所得から控除されることで課税額が下がり、節税になります。青色申告の事前申請をしている事業所得者のうち、複式簿記による貸借対照表と損益計算書を添付し、電子申告をした人は、最大65万円の特別控除を受けることができます。

  • 【無料】おすすめ会計ソフト

    フリーランスとして仕事を続けるなら会計ソフトの導入は必須です。フリーランスになったばかりで収入が見込めない場合や経費をできるだけおさえたい場合は、無料の会計ソフトを使うのも良いでしょう。無料版は機能が制限されていたり、期間が限定されていたりと、ソフトを提供する会社によって様々です。会計ソフトを途中で入れ替えるのは面倒ですので、必要な機能が網羅されているかどうかなどを事前にしっかりチェックして選びましょう。