青色申告に必要な「帳簿」とは?

フリーランスになるにあたり節税効果などメリットの多い青色申告を選択する人も少なくないでしょう。青色申告をするためには「複式簿記」での帳簿記帳が必須条件となります。経理に関わったことのない人にとって、複式簿記といわれても戸惑うばかりかと思いますが、会計ソフトで記帳ができますので心配はいりません。まずは、帳簿とはなにか、複式簿記と簡易簿記の違い、帳簿がない場合のリスクなど、基本的なことからおさえておきましょう。

青色申告に必要な「帳簿」とは?

青色申告に必要な「帳簿」とは?の記事一覧

  • 帳簿の書き方は「複式簿記」「簡易簿記」の2種類

    帳簿の書き方は「複式簿記」「簡易簿記」の2種類

    フリーランスは確定申告が必要ですので帳簿記帳をしなければなりません。青色申告の人は複式簿記が必須ですが、白色申告なら簡易簿記でOKです。ここでは複式簿記と簡易簿記の違い、それぞれの概要について簡単に解説します。

    続きを読む
  • 一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    青色申告の大きな特典が「青色申告特別控除」です。複式簿記による帳簿記帳、貸借対照表と損益計算書の添付、電子申告など、青色申告者で、ある一定の条件を満たせば最大65万円の所得控除を受けられます。特別控除額は最低でも10万円です。

    続きを読む
  • 帳簿がない場合のリスクとは?

    帳簿がない場合のリスクとは?

    帳簿記帳と保管が義務付けられていますが、記帳をせずに申告していたり帳簿を紛失した場合のリスクも知っておきましょう。青色申告者の場合、過去にさかのぼって青色申告承認を取り消され、税金を追徴される場合もあります。

    続きを読む

おすすめ記事はこちら!

  • 青色申告ができる所得・できない所得

    確定申告とは、年間の所得と控除額から課税所得額を申告して所得税を納付する一連の手続きです。一言で「所得」といっても、様々な種類に分けられます。フリーランスが働いて稼ぐ所得は「事業所得」にあたり青色申告の対象ですが、会社員が稼ぐ所得は「給与所得」となり青色申告の対象外です。他にも不動産所得、退職所得、譲渡所得、配当所得、雑所得などがありますが、青色申告の対象になる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得の3つだけです。

  • 一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    事前の届け出や帳簿記帳の手間を差し引いても、フリーランスに青色申告をおすすめする最大の理由が「青色申告特別控除」のメリットです。青色申告特別控除とは、その名の通り青色申告をすることで特別に認められる控除です。所得から控除されることで課税額が下がり、節税になります。青色申告の事前申請をしている事業所得者のうち、複式簿記による貸借対照表と損益計算書を添付し、電子申告をした人は、最大65万円の特別控除を受けることができます。

  • 【無料】おすすめ会計ソフト

    フリーランスとして仕事を続けるなら会計ソフトの導入は必須です。フリーランスになったばかりで収入が見込めない場合や経費をできるだけおさえたい場合は、無料の会計ソフトを使うのも良いでしょう。無料版は機能が制限されていたり、期間が限定されていたりと、ソフトを提供する会社によって様々です。会計ソフトを途中で入れ替えるのは面倒ですので、必要な機能が網羅されているかどうかなどを事前にしっかりチェックして選びましょう。