【有料】おすすめ会計ソフト

【有料】おすすめ会計ソフト

フリーランスにおすすめの有料会計ソフトは?

見極めのポイントはコスパの良さ

会計ソフトは、運営会社によって機能も金額も異なります。最近はクラウド型の会計ソフトが人気ですが、そのほとんどが月額制、または年払いとなっています。また、同じ会社の同じサービスであっても、プランによって支払う金額や使える機能が異なります。自分の事業において必要な機能はなんなのか、どのように会計ソフトを活用していくのか、購入する前にきちんと整理してみることをおすすめします。ただ利用料が安いからといってそのサービスを使用するのではなく、使用できる機能一覧を確認するなどして後悔しない選択をしましょう。
そこで会計ソフト選びのポイントをお伝えすると、「コスパ」ということになります。自分で求めるコスパをクリアできているかどうか、という視点で会計ソフトを見極めていきましょう。無料でお試しできるものがほとんどだと思いますので、金額に見合っているかどうか面倒くさがらずに確認してから決めましょう。

おすすめ有料会計ソフト:freee会計

個人事業主に人気の会計ソフトがfreee会計です。導入が簡単なのでおすすめです。freee会計が個人事業主から選ばれる理由は、簿記の知識がなくても独自システムで操作が簡単という点です。クラウドサービスなので、スマホでもパソコンでも使えます。入力がしやすく見やすいので無理なく使えると思います。freee会計は、スタータープラン、スタンダードプラン、プレミアプランの3パターンが用意されています。スタータープランは手頃な料金で始めやすいですが、消費税の申告機能は付いていないので注意してください。売上が1000万円以下、または開業から2年間は消費税の納税義務がないので問題ないでしょうが、それ以外の人は消費税の納税が発生しますので、消費税の申告機能が付いているプランを選んだほうが良さそうです。他の機能についても公式サイトをよく確認して自分に合ったプランを利用しましょう。

クラウド会計ソフト freee会計

おすすめ有料会計ソフト:マネーフォワード クラウド(MFクラウド)

自動連携できる金融機関が多く、作業が効率化できると人気なのが、マネーフォワード クラウドです。対応する金融機関は、2,650以上ととても多いのが特徴です。他の会計ソフトでも金融機関との連携機能はありますが、地銀などもマネーフォワード クラウドなら対応していることが多いので、地方に住んでいる個人事業主の人にはおすすめできます。マネーフォワード クラウドは、無料プラン、ベーシックプラン、あんしん電話サポート付きベーシックプランの3パターンがあります。無料で使えるプランは魅力的ですが、会計仕訳が年間50件までとなっています。副業の人であれば使えるでしょうが、本格的に事業をしている人は有料プランを契約しましょう。

マネーフォワード クラウド

おすすめ記事はこちら!

  • 青色申告ができる所得・できない所得

    確定申告とは、年間の所得と控除額から課税所得額を申告して所得税を納付する一連の手続きです。一言で「所得」といっても、様々な種類に分けられます。フリーランスが働いて稼ぐ所得は「事業所得」にあたり青色申告の対象ですが、会社員が稼ぐ所得は「給与所得」となり青色申告の対象外です。他にも不動産所得、退職所得、譲渡所得、配当所得、雑所得などがありますが、青色申告の対象になる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得の3つだけです。

  • 一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    事前の届け出や帳簿記帳の手間を差し引いても、フリーランスに青色申告をおすすめする最大の理由が「青色申告特別控除」のメリットです。青色申告特別控除とは、その名の通り青色申告をすることで特別に認められる控除です。所得から控除されることで課税額が下がり、節税になります。青色申告の事前申請をしている事業所得者のうち、複式簿記による貸借対照表と損益計算書を添付し、電子申告をした人は、最大65万円の特別控除を受けることができます。

  • 【無料】おすすめ会計ソフト

    フリーランスとして仕事を続けるなら会計ソフトの導入は必須です。フリーランスになったばかりで収入が見込めない場合や経費をできるだけおさえたい場合は、無料の会計ソフトを使うのも良いでしょう。無料版は機能が制限されていたり、期間が限定されていたりと、ソフトを提供する会社によって様々です。会計ソフトを途中で入れ替えるのは面倒ですので、必要な機能が網羅されているかどうかなどを事前にしっかりチェックして選びましょう。