経理作業がシンプル「白色申告」とは?

経理作業がシンプル「白色申告」とは?

確定申告の白色申告とは?

白色申告

青色申告に比べ、申告の経理作業が簡単で済む代わりに節税ができないのが白色申告です。逆に青色申告は、白色申告よりも複雑な記帳と簿記の知識が求められ手間はかかるものの節税効果が高いといえます。かつては、事業所得が300万円以下であれば帳簿の記帳は不要でしたが、法律が変わり白色申告でも帳簿の記帳と保存が必要になりました。そのため、白色申告・青色申告のどちらを選択しても帳簿の記帳からは逃げられません。帳簿の記帳が不要で楽だからと白色申告をしていた人はメリットがくなりました。

メリット

とにかくシンプルなのが白色申告のメリットです。青色申告と違い事前に税務署へ申請することはなにもありません。帳簿の記帳も簡単です。複式簿記などは不要で簡単な収支内訳書のみで申告できてしまいます。計算も記入も項目が少ないので慣れていない人でも楽にでき、作業負担はとても少なくなります。青色申告と違い、簿記の知識がなくても申告できるでしょう。

デメリット

前述の通り、申告が簡単にできるかわりに節税効果が期待できないのがデメリットといえます。青色申告にあるような特別控除などの控除要件がありません。年間の所得から経費と控除を引いた金額で納税額が確定します。控除が少ないというのは非常に大きなデメリットといえます。

向いている人

とにかく経理作業が苦手な人は白色申告から始めてみると良いでしょう。全て税理士に任せることができるならなんの問題もありませんが、自分で確定申告をしなければならなくて会計や経理の知識がなく、苦手意識があるような人には白色申告が向いていると思います。
また、会計ソフトを使えばさらに簡単に白色申告をすることができるでしょう。最近の会計ソフトはシンプルな作りが多くなっています。日付と用途、口座などを入力するだけで作業完了です。あとは、ソフトが勝手に仕訳を作成してくれます。
また、事業を開始したばかりの人や、まだ赤字が続いている人は白色申告でも良いかもしれません。赤字であれば控除の恩恵は受けられませんので、白色申告のデメリットである控除の少なさが問題にならないでしょう。副業をしている人も白色申告が向いているかもしれません。経理にかかる作業時間が短縮でき、事業の時間を増やせるでしょう。
逆に、しっかり事業を営んでいて黒字の場合には、白色申告はおすすめできません。きちんと帳簿を付けることで経営状況を把握することができますし、青色申告の控除などの特典を確実に活用して事業を育てていきましょう。

おすすめ記事はこちら!

  • 青色申告ができる所得・できない所得

    確定申告とは、年間の所得と控除額から課税所得額を申告して所得税を納付する一連の手続きです。一言で「所得」といっても、様々な種類に分けられます。フリーランスが働いて稼ぐ所得は「事業所得」にあたり青色申告の対象ですが、会社員が稼ぐ所得は「給与所得」となり青色申告の対象外です。他にも不動産所得、退職所得、譲渡所得、配当所得、雑所得などがありますが、青色申告の対象になる所得は、事業所得、不動産所得、山林所得の3つだけです。

  • 一定の条件を満たすと受けられる「青色申告特別控除」

    事前の届け出や帳簿記帳の手間を差し引いても、フリーランスに青色申告をおすすめする最大の理由が「青色申告特別控除」のメリットです。青色申告特別控除とは、その名の通り青色申告をすることで特別に認められる控除です。所得から控除されることで課税額が下がり、節税になります。青色申告の事前申請をしている事業所得者のうち、複式簿記による貸借対照表と損益計算書を添付し、電子申告をした人は、最大65万円の特別控除を受けることができます。

  • 【無料】おすすめ会計ソフト

    フリーランスとして仕事を続けるなら会計ソフトの導入は必須です。フリーランスになったばかりで収入が見込めない場合や経費をできるだけおさえたい場合は、無料の会計ソフトを使うのも良いでしょう。無料版は機能が制限されていたり、期間が限定されていたりと、ソフトを提供する会社によって様々です。会計ソフトを途中で入れ替えるのは面倒ですので、必要な機能が網羅されているかどうかなどを事前にしっかりチェックして選びましょう。